世界文化遺産に登録されている首里城

首里城というのは沖縄県で最大の木造建築物で、昔あった琉球王国で国王が住んでいた場所になります。
第二次世界大戦の時に焼け野原になったのを県民の念願がかなって1992年に首里城が復元されました。
もしかするとドラマなどで赤を基調とした城ということで目にしたことがあるかもしれません。沖縄旅行をする際の定番のスポットのもなっています。
琉球王国というのは1429年から1879年にかけて沖縄本島を中心とした王国で、生産できるような商品が少なかったということと中国(明)や日本、朝鮮、東南アジアに対してちょうどいい立地条件だったということもあり、これらの国々と中継貿易で栄えていました。
中継貿易というのはある国からの輸入品を別の国に対する輸出品にする貿易です。この時代は日本とは違う国ということもあり、違った文化が形作られています。
首里城公園を入るとまず見えてくるのが守礼門で、二千円札紙幣の絵柄にもなっています。
首里城公園を奥に進むと首里城があり、奥にある正殿などについては有料ですが、その他周辺の建物は無料で見ることが可能です。
有料エリアには琉球王国の歴史資料などの展示がありますし、中にも入ることもでき建物内がどうなっているのかを見る楽しさがあります。
首里城は2000年に琉球王国のグスクおよび関連遺産群の一部として世界文化遺産に登録されています。
登録されたのは首里城だけでなく今帰仁城跡や座喜味城跡、園比屋武御嶽石門、玉陵、識名園など8か所が登録されています。
同じ首里城公園内にある園比屋武御嶽石門では国王が外出する際に安全祈願をする場所です。
その他首里城の周辺にも玉陵や識名園がありますので、そちらについても観光してみるといいでしょう。
那覇空港からゆいレールで行くのであれば首里城で降りて徒歩15分ほどで到着します。
車で行かれるのであれば首里城公園を目指していくことになり、那覇空港からであれば40分ほどで到着します。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP